"Recycled Orchestra"はパラグアイのCateuraという小さい町(埋め立て地のスラムだが首都からもそう遠くない所)で毎日運ばれてくる空き缶やドラム缶、古い調理器具等ゴミから楽器を作り活動し、ローマ教皇(観覧)やスティービーワンダー、メタリカ、メガデスなどの著名人との演奏もしています。


関連記事: FloppotronていうFD、HDD等のコンピューターハードウェアの駆動音とプログラム制御で演奏する楽器が面白い
The Recycled Orchestra(以下サイトよりまとめ)

 The Recycled Orchestraは10年ほど前に"Cateura(埋め立て地と並んだスラムでパラグアイの首都"Asuncion"からそう遠くない場所にあり、毎日大量の廃棄物が運ばれる)"に環境エンジニアとして仕事に行った"FavioChavez"によりそこにいた沢山の子供に音楽を教えたいという思いにより結成された。"Chavez"の活動はすぐに有名になったものの寄付された楽器では足りなくなってしまった為、埋め立て地の中の物で新しい楽器が作れないか考えた。



 彼らは主にモーツァルトやフランクシナトラ、パラグアイのフォークミュージックetcを演奏し、メンバーのプレイするバイオリンや他のオーケストラ楽器は空き缶、木製スプーン、曲がったフォーク等で作られ、その中のチェロはオイルのドラム缶をボディに使っている。ペグ(弦楽器のヘッドにある弦を巻く奴)は古い調理器具や使い古した女性用シューズのヒール等を使用している。ドラムヘッドは古いX線フィルムを使い大量の梱包用テープで張り付けている。
 15才のTobiaAromaがプレイするサックスは排水管、溶けた銅、コイン、スプーン、空き缶、ボトルキャップ等で作られている。

 

 後に"Recycled Orchestra"は映画会社のプロデューサーとして知られる"Alejandra Amarilla"率いる映像制作チームに見いだされる。"Amarilla"は子供たちを取り巻く環境に強くインスパイアされ、子供たちの問題に関心が集まる様にとショートビデオを作製した。
 このショートビデオはビジネスの為ではなくフルサイズのドキュメンタリーを作るために寄付サイトで公開され想定以上の寄付を集め、作成され多くの映画祭で上映されている。(2016年11月にDVDが出るとのこと)そしてthe Recycled Orchestraはローマ教皇や政治家への演奏、そしてスティービーワンダー、メタリカ、メガデスなどのアーティストとも共演している。

メガデスとのライブ

以下SNSなどのコメントです

◆ : 世界は愛で満ちあふれてるけど同じ様に憎しみと無関心も。世界から罪が根絶された時だけ1つになれる



◆ : 他の編集の奴の方が好きだな、チューニングでマイルスの曲をやっている奴はエキサイトする(*Dave BrubeckのTake Fiveの間違い)



◆ : これはグレイト!!他のパフォーマンスがもっと見たい!! 



◆ : よし、オレもやってみよう、ギター用に弦を張る空き缶がいるな、でもサックスは複雑...



◆ : ソース記事(引用元の奴です)、面白い事が書いてあるな



◆ : "60 minutes"はグレイト!!



◆ : すばらしい!!我々も貢献するにはどうすればいいかな?私は長い間使ってないクラリネットを持ってるんだが喜んで寄付したい。



◆ : アメイジング、彼らは楽器を愛してるに違いないよ....なぜなら彼らは楽器を自分自身で作っているからね



◆ : 私も自分のサックスつくろうかな 



◆ : これは涙が出る...いいものだ..



◆ : 彼らはこれでお金をきちんと得ているのか?



◆ : 私もヴィオラを送りたい!!寄付する方法を教えて欲しい



◆ : オレもリサイクルの楽器つくったけどこんなサウンドじゃなかった..すばらしい



◆ :  彼らのストーリーに" bad "な評価をしている人がいることが本当に本当に悲しいわ....インターネットの荒らしはなんて奴らだ...素晴らしいストーリーなのに...



9999: improblo中の人
イ・∀・)  メタリカとかメガデスとか何故に演奏する事になったんだろうか...


ブログランキング・にほんブログ村へ